雪舟サミットホームへ もどる ホーム
せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク
   
 
構成市町プロフィール
まちの概要 >雪舟サミットに寄せて >雪舟とのつながり
総社市の雪舟とのつながり
第17回雪舟サミットのトップへ
 

雪舟とのつながり

宝福寺(ほうふくじ)

宝福寺
宝福寺

雪舟は、応永(おうえい)27年(1420)に、備中赤浜(びっちゅうあかはま)(現総社市赤浜)に生まれ、少年時代を総社市で過ごしました。その出生の地に立つ石碑は、緑豊かなこの赤浜の地で、地域住民から大切に守られてきました。この地周辺は、雪舟生誕地公園として整備し、雪舟生誕600年の節目となる2020年にオープンを予定しています。

雪舟生誕地

雪舟生誕地
雪舟生誕地

宝福寺は、雪舟が修行した寺として知られています。雪舟が流した涙で足の指を使ってネズミの絵を描いたという話は有名ですが、その舞台となった場所がこの宝福寺です。修行よりも好きな絵ばかりを描いていた雪舟をこらしめるために、和尚は雪舟を柱に縛りつけました。しばらくして和尚が縄を解きに行ってみると、自らの涙でネズミを描いた絵を見て和尚は感心し,以後雪舟に絵を描くことを許したといわれています。

戻る  
 
[総社市] [井原市] [益田市] [三原市] [防府市] [山口市]
もどる せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク ホーム

山口市文化交流課
Copyright (c) 2020 Yamaguchi City. All Rights Reserved.