雪舟サミットホームへ もどる ホーム
せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク
   
 
構成市町プロフィール
まちの概要 >雪舟サミットに寄せて >雪舟とのつながり
三原市の雪舟とのつながり
第17回雪舟サミットのトップへ
 
 

雪舟とのつながり

佛通寺(ぶっつうじ)

佛通寺
佛通寺

臨済宗佛通寺派大本山である佛通寺(ぶっつうじ)は,応永4年(1397)に小早川春平(こばやかわはるひら)愚中周及(ぐちゅうしゅうきゅう)を招いて開いた寺です。最盛期には、山内に88ヶ寺・末寺は全国に3,000ヶ寺に及ぶという広大な規模を誇っていました。さらに、佛通寺の篩月庵(しげつあん)の跡地は雪舟が滞在していたとされています。

金山図(きんざんず) (佛通寺所蔵)

金山図 (佛通寺所蔵)
金山図 (佛通寺所蔵)

雪舟の描いた「金山図(きんざんず)」と「育王山図(いくおうさんず)」が近世初期まで佛通寺に伝えられていたとされています。「金山図」は、佛通寺の開山(かいざん)である愚中周及が修行した、中国長江(ちょうこう)のほとりの金山(きんざん)を画題としています。また、「育王山図」は、「金山図」とは対幅で描かれました。雪舟の「金山図」と「育王山図」は、狩野宗家(そうけ)を継ぎ、広島藩の御用絵師(ごようえし)を務めた狩野安信(かのうやすのぶ)によって、寛永17年(1640)に模写されました。

現在の佛通寺には、雪舟が滞在した篩月庵の跡地や、狩野安信が模写した、「金山図」と「育王山図」が残されており、雪舟とのつながりを感じることができます。

戻る  
 
[総社市] [井原市] [益田市] [三原市] [防府市] [山口市]
もどる せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク ホーム

山口市文化交流課
Copyright (c) 2020 Yamaguchi City. All Rights Reserved.