雪舟サミットホームへ もどる ホーム
せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク
   
 
構成市町プロフィール
まちの概要 >雪舟サミットに寄せて >雪舟とのつながり
井原市の雪舟とのつながり
第16回雪舟サミットのトップへ
 
 

雪舟とのつながり

重玄寺鐘楼門(ちょうげんじしょうろうもん)

重玄寺鐘楼門
重玄寺鐘楼門

地元では雪舟が芳井町天神山の重玄寺で没したと伝えられており、『吉備物語』や『東福寺誌』など近世地誌に「備中の重玄寺で雪舟が没した」と記されています。また平成8年には、重玄寺開山千畝(せんみょう)和尚の語録『也足外集(やそくげしゅう)』の中に雪舟と千畝和尚に親交があった可能性を示す記述が確認され、井原市と雪舟を結びつける史料として注目されています。

雪舟終焉の碑

雪舟終焉の碑
雪舟終焉の碑

雪舟が没したと伝えられる大月山(おおつきさん)重玄寺は、嘉吉元年(1441)千畝周竹(しゅうちく)和尚によって開かれた臨済宗佛通寺派の禅寺です。重玄寺は創建以来数度の火災にあったとされ、昭和30年の火災では土蔵(どぞう)と鐘楼門を残して全焼しました。現在の寺院は昭和49年に残った鐘楼門と石門等を山裾の西吉井(にしよしい)に移転し、再建されました。跡地には雪舟のものと伝えられる墓と供養塔があり、雪舟の時代の幽玄な趣きを今に伝えています。

戻る  
 
[総社市] [井原市] [益田市] [三原市] [防府市] [山口市]
もどる せっしゅうについて せっしゅうサミットについて サミットこうせいしちょう さいしんサミットじょうほう かこのせっしゅうサミット リンク ホーム

山口市文化政策課
Copyright (c) 2002-2007 Yamaguchi City, Inc. All Rights Reserved.